車査定・売却に必要な書類

<当サイトのメニュー>

車の査定・売却に必要な書類を整理してみました

車の査定や売却の時には、普段縁の無い書類などが必要になって結構気を使うものですね。

当日になってから慌てたりすることのないよう、必要書類を整理してみましょう。

車の査定を受ける時に必要な書類

査定を受けるときに用意しておかなければならない書類は次のとおりです。

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証書

この二つでOKですが、査定を受ける前に所在を確認しておくと安心です。

「自動車検査証(車検証)」は普通ダッシュボード内など車内に保管してあると思います。

「自賠責保険証書」も通常は車検証とセットで保管されているはずです。

紛失している場合は、損害保険会社あるいはその代理店で手続きを行ば再発行してもらえます。


車を売却するときに必要な書類

自動車を売却する時は次の書類などが必要です。

@車検証…正式名称は「自動車検査証」。ナンバー、用途、所有者、使用者、車検日などを記したもの。

A自賠責保険証書…「自動車損害賠償責任保険」の保険証書

B自動車税納税証明書…自動車税の納税証明書。見つからなければ都道府県の税事務所で再発行。

C実印…印鑑登録した印鑑

D印鑑証明…市町村役場で発行する実印を証明するための書類。

このほかに買取専門店で用意する

・譲渡証明書

・委任状

があり、実印の押印と印鑑証明の添付が必要になります。

車検証に記載の所有者の住所と、印鑑登録証明書に記載されている住所が違う場合は、本人確認のために車検証の住所と現住所への繋がりが分かる住民票が必要です。


査定の時と違い売却契約になると「名義変更」が出て来ますので必要書類が多くなります。

当日に必要書類が足りなかったり不備があったりすると、手続きがストップしてしまいますので、買取店と連絡を取り、事前にチェックしておくと安心ですね。

※参考
無料一括査定にもデメリットがあるようです。
車一括査定のデメリット
当面は車を売る予定でないなら別のサービスを利用した方が言いようですね。


<耳寄りな話>
普通車でもそうですが軽自動車を下取りに出すのはなおさら損をすることになります。
複数の車買取専門店に査定してもらい高いところに買取りしてもらいましょう。

中古車売却|車の査定の疑問をスッキリ解決 メニュー