車査定 オプションパーツ

<当サイトのメニュー>

査定の評価にこだわらず単体の売却も考えよう

高価な社外品のオプションを付けている車だと、査定・売却の際にそれらオプションパーツの評価はどうなるのかが気になると思います。

こんなに金を掛けているのだから、査定でもそれなりに評価してもらえるのではと期待するのも無理からぬことですよね。

でも現実には、社外品のオプションが付いていればいるほど高額査定になるかというと、そうとも限らないのです。

せっかく高い金を出して購入、装備した社外品のオプションパーツは、期待したほどプラス評価にならないことも多いのです。

たとえばカーナビでも最新型でなければほとんどプラス査定にはなりませんし、ETCなどもほとんどプラス評価の足しにならないというのが実際のようです。

このような場合、仕方ないとあきらめるしかないのでしょうか。


評価されない社外品オプションは中古パーツショップで売却

車買取店でオプションパーツを評価してもらえない時は、中古パーツショップで売却するという方法があります。

オプションパーツを車から外して単体で売却するというわけです。

オプションパーツの値打ちがわかるパーツショップであれば、少なくとも買取店よりは正当な評価が期待できます。

ただし、車両本体の方はパーツを外したままだとこれまた減額査定になってしまいますので、取ってあった純正品を元あった場所に付け直して置かなければなりません。

パーツの種類別に具体的な方法を整理してみましょう。

・カーナビ

社外品のカーナビは中古パーツとして値が付くパーツショップなどで売却します。
車両本体は純正品のナビを戻して査定を受けます。

・モニター

ダッシュボードなどに取り付けているモニター。
これはパーツ単体で売却した方がいいのか、付けたままで売却した方がいいのか微妙です。
率直に査定マンに相談し、お得な方に決めればいいでしょう。

・ETC

ETCは付いていても付いていなくても査定額はほとんど変わらないようです。
パーツショップで値段が付くようなETCなら、パーツ単体で売却した方がお得になります。


これらのほか、アルミホイール、HDDナビ、人気ブランドのマフラーなどもパーツショップでは値段が付く可能性が高いものです。

繰り返しになりますが、ポイントは付けたままの方がお得なのか、パーツ単体として売った方がお得なのかということです。

※参考
社外品パーツの評価が全く違うのは下取の査定と買取の査定の違いの一つのポイントです。
下取りはどうしてもノーマル重視、純正品重視になってしまいます。

中古車売却|車の査定の疑問をスッキリ解決 メニュー