車査定 ニオイ

<当サイトのメニュー>

タバコ、ペットなどのニオイが強いと確実に査定減になってしまう

車内のニオイといえば代表的なものはタバコのニオイでしょう。

査定上は、禁煙車でもプラス査定にはならないがタバコのニオイが強いと減額査定になるとされています。

ニオイは無くて当たり前、あればマイナス評価ということですね。

ペットなどのニオイでも同様のようです。

ですから、車内のニオイがきつい場合は査定の前に消臭を行ってマイナス評価を防ぐ必要があります。

ニオイというのは自分では気付きにくく、誰か第三者に見てもらう必要がありますが、高額査定をねらうのであれば必ずチェックして必要な対策を講じるようにしましょう。


ニオイは元から絶たなければダメ

車内のニオイを軽減するには消臭剤を使うのですが、いきなり使っては効果が期待できません。

まずはニオイのついているものをできるだけ拭き取ったり、外して洗ったりします。

交換できるものであれば新品に交換するのもいいでしょう。

具体的には、運転席シート、フロアマット、運転席以外のシート、天井をシートクリーナーや水拭きで徹底的に拭きます。

運転席シートを外せるようでしたら、はずして外に出し、丸洗いしましょう。

ニオイが強い車田とびっくりするほど汚れが取れると思います。

こうしてニオイの元をできるだけ取り除いてから消臭剤を使うことになります。


芳香剤を使えば逆効果になる

芳香剤などニオイを誤魔化すようなものは使ってはいけません。

消臭剤・脱臭剤などニオイを根っこから絶つようなものを使います。

ニオイ対策のグッズはカー用品店でさまざまなものが売られています。

必ずニオイの元を分解するタイプのものを用いてください。

ワンボックスなど車内が広い車なら、カー用より家庭用の特大の物を使えば安上がりでしょう。


業者も消臭にはお金をかけている

水没車などニオイがついている車の場合、中古車販売店などでも5万円以上もかけてニオイ取りを行うそうですよ。

5万円かかるということは、ニオイの強い車はそれだけ減額査定される可能性があるということです。

チェックの結果ニオイが強いようでしたら、大幅なマイナス評価を受けることにならないようできるだけの対策を行いましょう。

※参考
下取り査定額と買取り査定額との実際の差は意外に大きいもののようです。
  ⇒ 査定額がこんなに違う
同じ車なのになぜ?と考えさせられます。


※ちょっとお耳を拝借
車を穂人売買するなら双方納得できる形で行いたいですね。
価格が一番気になるでしょうから相場をきちんと確認する必要があります。

中古車売却|車の査定の疑問をスッキリ解決 メニュー