車査定 不具合申告

<当サイトのメニュー>

正直に申告した方が好印象を持ってもらえる

車をできるだけ高く売りたいと思って査定を受けるのですから、不具合箇所は自分から言いたくないという気持ちはわからないでもありません。

でも相手は車の査定のプロなのです。隠していても必ずわかってしまうと考えるべきでしょう。

法的には故障個所や事故歴を申告しなければならない義務はありませんが、交わすことになる契約書には、車の売主は事前申告する必要があると明記されているはずです。

事故歴や修理歴を隠して査定の場はパスしたとしても、買取店の再チェックなどで必ずばれてしまい、トラブルになってしまうでしょう。

価格を下げられるだけでなく、賠償金を請求されることになるかも知れません。

買取専門店には、買い取った車を業者オークションなどに出す前に再チェックするプロ中のプロの「検査士」がいるそうで、その人にかかればどんな修復歴も故障もメータの改ざんも全てわかってしまうそうですよ。


※参考
マイナス評価になるポイントは色々ありますが、何でもかんでも申告すべきということではありません。
 ⇒ 車の査定でマイナス評価になるのは?
査定マンが見てすぐわかるようなものはいちいち伝える必要がありません。


どの程度の不具合なら申告するべきか

不具合は申告した方がいいといっても、何でもかんでも申告した方がいいというわけではありません。

車の骨格に影響のない軽い事故によるキズや凹みなど、プロの査定士が見てすぐわかるようなものはいちいち言うべきではありません。

細かいことを言い過ぎるとプロに対して失礼なことになりますし、うるさがられてかえって逆効果です。

故障している箇所、車の骨格が曲がるような事故を起こした場合、改造してある箇所など、隠していると気が引けるような箇所などをきちんと申告すればいいでしょう。


すぐわかる不具合を申告しない場合のデメリット

不具合の申告の話は、プロに対するリスペクトがあるかどうかの問題のような気もします。

多少でもリスペクトがあれば、素人考えで不具合箇所を隠すなんてうまくいくはずがないと考えられるでしょう。

また、すぐわかる不具合に口をつぐむことによる逆効果もイメージできるでしょう。

査定士に「ほかにも隠していることがあるかもしれない」と思われることは決して得なことではありませんからね。


※クルマの話あれこれ
車を売る時になって結構面倒なのが名荻変更などの必要書類。
軽自動車なら準備する書類も少なくて簡便です。

中古車売却|車の査定の疑問をスッキリ解決 メニュー