持込み査定と訪問査定

<当サイトのメニュー>

持込み査定と訪問査定〜時間と労力が全く違う

持込み査定というのは車買取専門店などに自分で車を持ち込んで査定してもらうことです。

「この車を売りたいと思うので査定してもらえますか」と店舗の方に依頼するのが普通でしょう。

訪問査定というのは、無料一括査定で査定依頼に応じた業者が無料で行う出張査定のことです。

電話で日時を決めオーナーの自宅で行われるのが普通です。

たった1社の査定を受ける場合でさえ、このように訪問査定の方が時間と労力の面で楽になることがわかりますね。

中古車を高く売りたいという場合は、できるだけ多くの買取店に査定をしてもらう必要があります。

「買取店巡り」と言いますが、実際、多くの買取専門店の店舗1軒1軒に車を持ち込んで査定を依頼して回るのは本当に大変です。

まずは「どこへ持ち込めばいいのだろうか」というのがわからない。

結局は「査定してもらわなければどこが有利なのかわからない」ということになり、大手チェーン店や地元有力店などを何軒も回ることになります。

日常忙しくて時間が取れない人はほとんど無理な方法でしょう。

これに対し訪問査定は、日時をセットすれば何社でも自宅で無料査定をしてもらえます。

忙しければ立会いさえ無しでも大丈夫なのです。

この圧倒的な時間と労力の差が持込み査定と訪問査定の最も大きい違いです。


車 任意保険 相場

訪問査定は「買い取りたいので査定させてください」という査定

持込み査定と訪問査定にはもう一つお起きが違いがあります。

それは、オーナーと買取専門店の立場が逆になることです。

持込み査定はオーナー側から「売りたいので査定して欲しい」と依頼しての査定になりますが、

訪問査定は買取店側から「買い取りたいので査定させてください」という依頼になるのです。

全く立場の逆転ですよね。

しかもアウェーからホームでのやりとりになります。

これだけを見ても、訪問査定の方が中古車売却のために有利な方法であることがわかりますね。


※クルマのはなし一行メモ
軽トラックを高く売るなら一括査定で各社の査定を比べてから売りましょう。
タマの少ない軽トラックは多少古くても高額査定が期待できると思います。

中古車売却|車の査定の疑問をスッキリ解決 メニュー